すらっときりりに込めた思い

デザインに込めた想い
イメージはムーランで!

2015年の暮れ、店主の小西さんからの突然の電話。
「イメージはムーランで!」 。。ムーラン?。。

…そうです。あのディズニー映画「ムーラン」です。
映画を観られた方はイメージできると思いますが、ムーランという女性が博多のごりょんさんのイメージそのままだと小西さんは言いました。


ムーラン

早速、小西さんからムーランのDVDが届き、何度も鑑賞するもこれというものがなかなかでてこない。

そんな中、なにかヒントはないかと調べてみました。


花木欄

ムーランは古代中国を舞台にした物語で、中国の伝説『花木蘭』をモデルとしているそうです。
(木蘭は昔の名で今は木蓮といい、昔は蘭に、今は蓮に似ていることからそう呼ばれるようになりました。)

木蓮は、池に咲く蓮とは違い、大地に根付く力強い花木です。
地球上で最古の花木と言われ、一億年以上前から今と同じ姿。
三大花木とも言われている木です。(あとのふたつはツツジと椿。)

『すらっときりり』の名のように、木蓮はシルエットもすらっとして、花の表情もきりりとし、凛としています。まさにアジアンビューティー。

ごりょんさん

モデルになった『花木蘭』という名の通り、ムーラン=ごりょんさんの強く明るく、 愛に溢れた優しい性格にぴたりと重なりました。
花言葉は、「自然への愛」「崇高」「持続性」。
タイトルの字体はごりょんさんの人情深いイメージで墨で厚く。
周りは主役となる食物、大豆とトウモロコシのヒゲ、黒しょうがです。

ごりょんさん
『すらっときりり』パッケージはそんな熱い想いから誕生しました。