博多べっぴん通販公式オンラインショップ

足のむくみ~原因と予防法~

ふくらはぎとむくみの関係

心臓から送り出された血液は細胞に酸素や栄養分を届け終えると、今度は二酸化炭素や老廃物、余分な水分などを回収しながら静脈やリンパ管を通って心臓に戻ってきます。
このとき、足に流れた血液は重力に逆らうことになるため、ふくらはぎの筋肉がポンプの役割を果たして血液の循環を手助けします。
人間の下半身には70%もの血液が集まっており、この血液を心臓に戻すよう働いているので、ふくらはぎは「第二の心臓」ともいわれているのです。
歩くなど脚を動かすとふくらはぎの筋肉が収縮しますが、同じ姿勢で立ったままや座ったままなど、ふくらはぎを動かさない状態では静脈の流れは滞り、むくみやすくなってしまいます。
ふくらはぎがむくむ原因はいくつかありますが、一過性のものと、血管の病気などによる危険なサインの可能性があります。

ふくらはぎがむくむ原因(一過性のもの)

1、塩分の取りすぎ

人間の体液の塩分濃度は決まっているため、塩分の濃い食べ物を食べると濃度を薄めようとして自然と喉が渇く。するとたくさんの水分を取り込んで、排出が追い付かずむくみにつながります。

2、加齢に伴う運動不足による冷え性や血行不良

運動不足によって足の筋肉が衰えると、ふくらはぎのポンプ機能が低下してしまい足に水分が溜まりやすくなってしまうのです。さらに足先の毛細血管まで血液が潤滑に流れなくなり、冷え性や血行不良を伴うむくみが起こります。

3、長時間同じ姿勢でいる

ずっと同じ姿勢の状態でいると、ふくらはぎの筋肉の働きが少なくなります。筋肉の収縮によって作用するポンプ機能がうまく働かずに、血液やリンパの流れが滞ってしまいます。

ふくらはぎがむくむ原因(病気の可能性があるもの)

1、下肢静脈瘤

静脈にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が壊れて、逆流した血液が足に溜まってしまう病気が原因のことがあります。

2、肝臓や腎臓の障害

血管に水分を取り込んだり排出する浸透圧を調整するアルブミンという成分は、タンパク質を素にして肝臓で合成され、腎臓でろ過されています。肝臓や腎臓に何らかの障害が発生しているとアルブミンの量が減少し、水分がうまく血管に戻れなくなって、むくみの原因になります。

足むくみ解消法

血行を良くするためのマッサージ。

◇マッサージ方法

太もものマッサージ→2分

膝から足の付け根に向かって
両手で挟むようにさすります。

内もものマッサージ→1分

ももの肉を掴み、外側から内側へ
ねじるように行います。

ふくらはぎのマッサージ→1分

手で包むように、足首から上へ
向かって行います。

足首のマッサージ→1分

右手と左手を少しずらして
足首を握ります。両手の親指で
円を描くようにマッサージします。

◇オフィスでできるストレッチ方法

1、背筋を伸ばして座る

腰をやや深めに椅子に座るのがポイントです。
背筋をしっかりと伸ばし脚を椅子から10cmほど挙げます。

2、足首を回す

足首をゆったりと時計周りに回していきます。両方ともに左右10秒間ほど回します。
血行がよくなりむくみが改善されやすくなります。

3、上下にスナップさせる

足首からふくらはぎを意識しながら上下にスナップさせるように動かします。
30回ほどテンポを決めて動かしていきます。

また、辛い食べ物を控え、水を1日2リットルは飲むように心がけること。塩分の排出を促すカリウムを積極的に摂ることも効果的なようです。

 - べっぴんの基礎知識, むくみ, むくみの解消・改善 , ,